BLOG

2020.12.30

BLOG暮らしの表情を楽しめる家

 

今回ご紹介するのは、11月に見学会を開催させていただいた
『暮らしの表情を楽しめる家』

モノトーンでコーディネートした、シンプルでモダンな住まいです。

1階にはLDKと和室、水廻りを配し、2階には寝室や子供室以外に書斎も設けながら、
延床35坪以内を実現しました。

モノトーンでシンプルな空間にするために、設備や照明、建材に至るまで、
お施主様と一緒に隅々までこだわり抜きました。

 

まずは玄関。

玄関扉を開けると、アクセントとなっている真鍮製のブラケットライト。

また、ホールからLDKへの入口がガラス戸になっています。

リビングへと視線が抜けるので、より一層空間に奥行きを感じられます。

誰しも目にする玄関だからこそ、
ちょっと目を惹くスタイリッシュでおしゃれなスペースに。

こちらの照明はお施主様セレクト。

まるでオブジェのような照明です。

 

【サンワカンパニー】クアドロスリム

【千sen】ブラケットライト

 

階段は、ブラックフレームの鋼製階段。

グレーのアクセントウォールを背景に、
室内をソリッドでモダンな雰囲気に仕上げます。

 

フルフラットのキッチンと造作のカップボードもLDKのインテリアの一つ。

ダークグレーで統一することで、室内がぐっと引き締まります。

造作のカップボードは、腰高までの高さの下部収納のみ。

煩雑になりがちなキッチンですが、物をあまり持たない、シンプルでミニマルな
お施主様のライフスタイルが表れています。

 

水回り動線はバックヤードにまとめ、デッドスペースを極力作らないように
プランニングしました。

洗面室の横にはサンルームとファミリークローゼットを兼ねた
ランドリースペースを配置。

朝、顔を洗って歯を磨いて着替えて。

夜、洗濯物を干して片づけて。

毎日の家事の時間を短縮出来る家事楽動線です。

フロアは、モルタルをイメージした塩ビタイル。

毎日欠かさず使うプライベート空間も、スタイリッシュに仕上げました。

 

室内の間取りだけではなく、コーディネートも空間を作る上では大事な要素。

YUIでは、お客様1組1組に担当のコーディネーターがつき、
外装から内装まで2ヶ月間細かく打ち合わせをしていきます。

お客様それぞれの住まいに対する憧れを形にしているYUIの家。

ぜひみなさんの憧れもお聞かせください。

 

今、資料請求していただくと【3Dモデルハウス|東富山の家】に
ご招待しております。

現在公開中の【東富山の家】が、いつでもどこでもバーチャル空間で内覧可能です。

 

この記事に関連するタグの一覧を見る

最近の投稿

アーカイブ

ページトップ