BLOG

2020.11.10

BLOG申請のレクチャーです。

これからのシーズンは、法務局へ出向く人が多くなるはずです。今日も比較的多かった。

行ったことが無い人の方が、多いのではないでしょうか?そこで、流れを説明します。

今日は富山地方法務局に来ました。基本的には別の市町村の資料も取り寄せ可能です。

マニアックな内容のものになると、その場所の管轄の法務局に行く必要があります。

私は、別の市の土地の測量図が必要でした。あっ、会社でオンライン入手は可能ですよ。

あえて行く事が多いです。バカだからじゃないです。ややこしい事があれば聞けるから。

そして、申請用紙はこんな感じで記入。

自分の住所と名前を記入して、知りたい場所の地番を記入して、何が必要かをする。

マス目を無視して地番を記入したり、字が汚くても問題ありません。私のように…。

突き返された事は一度もありません。安心して下さい。でもややこしい事が一点。

『住所』と『地番』の違いを理解していないと、少し戸惑うかもしれません。

そのくらいですね。そして、受付番号を呼ばれるまで待つ。ソーシャルディスタンス中。

呼ばれたあとは、決まった金額の収入印紙を、隣の窓口で購入して貼る。

測量図2通分で900円でした。そして、何でもかんでも税金だな、と感じながら帰る。

私は富山地方法務局の場合、正面ではなく通用口っぽい所から出入りします。

そこを通ると、自販機があります。

私の中での七不思議なんですが、どこの法務局に行っても、結構良心的な価格です。

どうですか、お役に立ちましたか?あぁ、たいした内容じゃなかったですね…。

遠い昔に1人で行った時に、少しドキドキしたことを思い出しました。

また、何か申請関連のレクチャーは投稿したいと思っています。お楽しみに!

 

この記事に関連するタグの一覧を見る

アーカイブ

ページトップ